今日は考え事が止まらない、無言気味

JUGEMテーマ:難病に立ち向かえ!

 いろいろ、ここに書きたいことが日々溢れているが、なかなかPCに向かえないでいる。連日いい天気なので、朝、コンビニの小さなレジ袋一杯だけ、夫が大切にしている庭の草取りをするのだが、この後なんだか疲れてぼーっと暮らしてしまう。そのあと、BSで「マスケティアーズ パリの四銃士 2」を見て、4月から専門学校に入りなおした上の子供を迎えに行ったりいかなかったり…まあ合間に家事はしているのだが、こんなにもテレビの前が好きだったことが人生にあるのか、と自分に呆れてしまう。というか、なんだか何かにとらわれていて動けない。何かとは、「どうせ、…」で始まる色んなことだ。

それともう一つ、動くと、何でもないところに筋肉痛が起こるようになった。このことは、先日病院でも尋ねてみたのだが、病気とは関係ないという。そのことは、後で別記事に残そう。

 

 先日、夜テレビをつけたら、「彼女は安楽死を選んだ」を、途中から見ることとなった。すぐに、私が診断された後参考にさせて頂いていたブロガーさんと分かった。同病のほかの方がどうされているのか知りたくて、ただの通りすがりで拝見していたブログと、内容が似てる箇所がいくつかあったから。

心が号泣した。

自分らしくいたいという気持ち。苦しいが、共感する。

他のものと比べるのは聊爾ですが、オードリー・ヘプバーン「ティファニーで朝食を」や、韓国ドラマ「その女か恐ろしい」「主君の太陽」を見たときと同じような気持ちになった。自分らしくありたいだけなのよ、とつぶやく主人公たちのひとりになられてしまったような気がして…

 

…昨日、再放送も録画して拝見しました。

私自身は、悪あがきを最後までしなければと思っています。子どもたちが、私を神社のお守りみたいに思っているところがあるし、いつか、ほんとに迷惑だと思われたとしても、それを理由に安楽死が存在してはならないと思うので。「どうせ、私なんて…」と自死を選びたくなる日が来るかもしれない。でも、私は、しない。それは、昔「死んでしまいたい、今日こそ死のう」と、十代のころ2年近くも思い詰めてしまったことがあり、もう自分で死ぬことを考えることに疲れてしまっているから。

 

これだけ動揺し悲しみが深くなる、この病の治癒に、希望の明かりが欲しい。この病気の患者に、意思疎通と自己表現の手段が欲しい。進行にかかわりなく‥。あなた様の書かれたブログ、参考にさせて頂いていました。ご家族の皆様のご心情、いかばかりかとお察しいたします。ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ  
  にほんブログ村

 

 

 

少し前の写真だが、本当は毎年もっと深い色で咲くアジュガ。晴続きで疲れ気味かな。もう、花はなくなってます。キンポウゲはまだ黄色くかわいく咲いてる。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL