これが例の、夫の古ジャージリメイクのエコバック

 夫が若いころ着ていた学校ジャージでつっくったエコバック。見えてないが両脇に綿の紐を付けて真ん中で蝶結びしている。中心に蓋のようについている子供のジャージから取った衿を縫い直したものの裏に、2個スナップホックを縫い付けている。

見た目も肩にかけたときの持ちやすさも前の記事でアップした、子どものジャージとパーカの異素材コンビのエコバックの方がよい。でも、こちらの方が小さいので持ち歩きやすい。

 この持ち手が伸びちゃってあんまり持ちやすくはないんだけど、まあエコバックだし。

 袋部分はミゴロ(前身ごろと後ろ身ごろは切り離さない)持ち手は袖です。


 シャキッとしなくて、だれだれしています。スーパーの袋のシャカシャカ音がダメな小さいお子さんがいるお宅にはオススメかも。あの音で目が覚めちゃう子っているもんね。

着なくなったジャージって、困る。

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

あけましておめでとうございます。
 
子どもが中学生の時に来ていたジャージ。しばらく部屋着に来ていた子供本人も、今ではもう持て余し気味。加えて夫の高校時代のジャージがどこからか出てきた。学校ジャージの生地、何にリメイクしてます?かさばる、増える、サイズ合わない。

この形は…XLサイズのジャージのラグラン袖。










何になるかな

小学生の時に子供が来ていたパーカの袖もじょきじょき。どっちもカフスはきりとってその辺拭いて処分。








これですこんなエコバックにしました。くたくた感ハンパないです。
持ち手は肩にかけるから縫い目無いようにした肩に持ち手をかけるデザインにしたので、縫い目が当たらないように、ジャージの襟を外して直線で縫い直して肩掛け部分にしました。接着芯が貼られてるから、しょいやすいと思う。でも、ひものバランスや強度の面から言って、ボタンは2つの方がよかった。バック部分の真ん中は100均の縫い付け型マグネットホックを付けた。ボタンを付けた部分は、裏から別の端切れで補強と伸び止めをした。
年末の買い出しで、夫が背負ってくれたが、伸びるのでたっぷり入りすぎだったかも。

夫が学生時代に来ていたジャージはこんなにサイズは大きくない。そちらは小さめのエコバックにしたが、肩掛け部分が伸びるので、ちょっと持ちにくいらしい。そちらの画像はまた次回に。

早く編み物に行きたい寒さですね!でもまずしかかりを仕上げる。

出来ました。時間かかりすぎ本日午前中、やっと出来ました。
 
とにかく裏の始末をどうするか、何日か眺めてしまった。
 眺めていても仕方ないので、おしゃれ工房そのほかでやっていた、裏であわび結びをして処理する方法をとることに。今回、鼻緒は後付なので、鼻緒立てと鼻緒の両端の裏処理が必要。
 鼻緒立ては、底を編んだ後に、芯の端を網目にくぐらせつつ鼻緒たての真裏で一度裏側に出し、それを挟むようにあわび結びをする。芯・鼻緒立てそれぞれ5cmほど遺して切りそろえ、それぞれ底の網目の中にくぐらせて端処理。鼻緒の端は、底の左右の芯部分に1周回したあと底の裏に端を出して、中心であわび結びをし、端はやはり5cmほどに切りそろえて網目に引き込んで完成。このひきこみが大変でした。100円ショップの竹製の鈎針でやってたら、先がもげてしまいましたよー!ここは金属性がお勧めですね。アクセントはボタン それにしても、底部分がなんだかうねってる。芯材にしている荷造り紐が細いせいなのか。綺麗に出来ませんでした。

 今回は、生地の在庫1つ減りました。
先々週火曜日、突然子どもが、新しいエプロンが必要だと言う。その週の木曜日に使うって。私の生地の在庫を眺めつつ、生地とボタンを指定してきましたよ。まあ、エプロンぐらいなら・・・
 水曜日の夕方から始めて、何とか間に合わせました。よく見るとわかりますが、生地が小さかったんで、ハイウェスト部分で剥いである。紐も同布で作って、生地、Rしてる部分の切抜きを残し、使い切りました。ああ、気持ちいい!残らないということが。切抜きは、この生地が気に入った子供に上げるかぞうりにすればいいのさ!!
暗いですが全体はこんなですこのエプロンが使われるようになったせいで、使われなくなってしまったハム太郎のエプロンが、新たな在庫となってしまった・・・

 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村

いろいろやってみた。日本語検定も受けてみた。


色あわせで雰囲気が変わりました 芸術の秋。子どもの出し物の衣装直しにかまけ続け、終わったと思ったら日本語検定4級受験日。受けてまいりました。終了後、やっとぞうりに着手できましたよ。底部分は、これまで使ったジーンズの残りを使ってこんな風に。カフェオレスイーツ風が、一気にL・L・ビーン風へ・・・色あわせって大事ですね。それより・・・なぜいびつになってしまうのか。邪念入っているからなんでしょうか。・・・要は修行が足りない。
 鼻緒も、いろいろ試行錯誤しました。当初、本の中に、素敵な平結びのコードを使ったものがあったので、同じ生地でループを作って平結びの鼻緒を作ることを考えました。パンツになるほどの生地ですからね。ミシンで2度縫いしてループかえし差し込んでみたけど、高いループがえしを壊しそうなのでしばらく奮闘の後諦めました。表に反すのが大変でした
 ループの幅を2倍にして、ジーンズ地のさらに1.5倍の太さのループをつくり(裏がえすのに菜箸使用)これをゆるく三つ編みして鼻緒を作りました。安定させるため、キルト用の糸でもって2本だーっとぐし縫い。
 これも、はじめミシンでやってみたが、1度針が折れ、リトライで、下糸が絡みミシンは断念。ぐし縫いで良いなら手縫いのほうがよいと判断してこうなりました。色あわせを考えた鼻緒今日これからちょっと仕事しなくてはならず中断しますが、うまく行けば今日中(夜中?)に出来るかな。


 話変わりますが、日本語検定。2年前に5級を取りました。子どもが、お友達に誘われて受けることになったとき、自信の無さから迷う様子を見ており、絶対受かれとか勉強しろとか言うつもりは無かったが、取り残されそうな気がして不安なのかと思い、一緒に受けるから、と言ってしまったのが受験のきっかけ。これが、意外と面白い。
 回答している間、クイズ番組で、こんなのが出たらなんて答えるかなーって言うノリ。5級は満点狙いだったが、結構引っかかって、ポカミスで3問ロスでした。
 今回は、動詞の活用をすっかり忘れていることが判明。終わってから、上1段活用、下1段活用、カ変、サ変、5段活用と見直して、思い出したけどもう試験終わったってば・・・勉強不足を嘆いても始まりません。でも、受けるチャンスに恵まれてよかった。もし落ちてても、次回は3級受けようっと。
 子どものほうは、これから英検も受け、来年は歴検もやって見たいらしい。検定自体の社会的認知度や効果はともかく、本人の勉強をする上でのモチベーションアップにつながっていることは間違いないようです。親も子も。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
 

ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」〜SOU・SOU特集〜

ぞうりの色が、デザートっぽい。


ユニクロのストレッチパンツ まずは今回のメインの材料から。ユニクロのストレッチパンツ、婦人もの。裾に草刈のときに付いた、草色のしみがあるので底をばっさり切り取って使用。そのほかに、破れがあったが、ひも状に裂いているときに、使用できない部分に破れが入ったので支障なしであった。今回は、基本に沿って、テープ状にきちんと作りこんで作成。
まず、裂きました。ユニクロのストレッチコーデュロイパンツも裂きました。 まずファスナーやポケットなどを避けて縫い目に沿ってあら断ちした後、ほぼ同じ幅になるように裂く。奥に移っているのは同じくユニクロのストレッチコーデュロイパンツの半身分。ちなみにもう半身分は、台所の油汚れの多い場所の敷物と化している。そちらはもうじき処分される予定。




                        この裂いた紐を4本ずつミシンで繋げテープ状にして、ぞうりを編み上げているところ。、端を少しはさみで整えた上、 縫い代を割ってアイロンをかける。さらに幅の中心線で2つに細く折ってアイロンをかける。さらにその線を真ん中に端を付き合わせるように折ってテープを作る。バイアステープなんかを作るやり方ですね。大きいテープメーカー使えば簡単かもしれない。
 4本以上繋げちゃうと編みにくいので、前の4本が無くなったら次のテープとつなぐのには手縫いです。ただ裂いただけとは仕上がりがぜんぜん違う。
 スリッパ作りたいとかいいながら、これも底の色を見せるのにぞうりが良いかもしれない。鼻緒を作ってみなくちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
1